メカニズムを知って朝の高い血圧を正常値へ!

朝の高い血圧は何が原因?~血圧が上がるメカニズムと必要な対策~

朝に血圧が高いのはなぜ?~最も危険な早朝型高血圧~

健康のバロメーターとして気になるのが、肥満や肌荒れ、便秘ではないでしょうか。しかし、見た目では分かりづらいのが、高血圧です。中でも朝高い血圧は危険です。原因を知り、早めに改善することが大事です。効果的な飲み物として、青汁が支持されています。

血圧って朝は下がるものじゃないの?

血圧は一定ではなく、変動しています。朝だから下がるという訳ではないのです。運動や入浴時、興奮したりストレスを感じたりしたときは上昇します。そして、夜間の睡眠から起床の変化に合わせても変わるのです。これを「日内変動」と呼びます。このように一時的な原因で起こる血圧の上昇を除いても、1日の間に何度も変動が起こっています。

早朝高血圧のメカニズム

朝は心臓の動きを活発にする交感神経が動き出すため、血圧が高くなります。これは体にとって必要な血圧上昇です。しかし、血液がドロドロの場合は血管への負荷が大きくなり、血管の詰まりや破裂につながる危険性があります。食生活を整えたり水分補給を行なったりして、血液の状態を改善しなければいけません。青汁を取り入れたり適度に運動したりすることも大事です。

早朝高血圧が危険だと言われているワケ

早朝高血圧は、その名の通り早朝に血圧が高くなる症状です。朝血圧が高いという人は、日内変動以外の原因であっても気を付けなければいけません。心筋梗塞や脳梗塞の発生しやすい時間帯が、象徴だからです。他の時間帯に比べておよそ3倍発生しています。心筋梗塞であれば、起床後1時間以内、脳卒中であれば朝8時から昼の12時までが最も多くなっています。十分気を付けなければいけないのが、早朝から午前中に掛けてなのです。

早朝高血圧は「早朝上昇型」と「夜間持続型」の2つに分けられる

早朝上昇型
交感神経(緊張状態)が副交感神経(リラックス状態)よりも優位になると、血圧は下がります。しかし、朝は自律神経が乱れやすいため、血圧のコントロールが上手くできずに急に高くなることがあるのです。これが、「早朝上昇型早朝高血圧」の原因です。また、降圧剤を飲んでいる人も、朝は薬剤の血中濃度が低下しているため、効き目が弱くなっています。そのため、起床時に急に血圧が上がってしまうのです。
夜間持続型
通常は、朝に向けて夜間の血圧は徐々に10~20パーセント下がっていきます。しかし、中には寝ている間に血圧が逆に徐々に上がっていく人がいます。この場合、マックスになる時間帯が早朝で、これが「夜間持続型早朝高血圧」です。睡眠時の血圧が150mmHg以上なら、118mmHgの人よりも血管系疾患の発症リスクが4倍以上になっています。これはかなり高い数字なので、気を付けなければいけません。

同じ早朝に起こる高血圧でも、夜間持続型の方が早朝上昇型よりも危険です。夜間持続型は早朝上昇型よりも更に2倍、血管系疾患のリスクが高くなっています。早朝上昇型に比べ、夜間ずっと血圧が高い状態なので、血管や心臓に掛かる負担も大きくなるためです。一般的な平均睡眠時間を8時間と見た場合、1日の内の1/3を占めています。

早朝高血圧を改善する鍵は“動脈硬化の予防”

血液

血管は弾力を失うと、破裂しやすくなります。血中に含まれる老廃物やコレステロールが血管の内壁にこびりつき、血管を詰まらせていくと危険です。食生活を改善して、早めに体質を変えていきましょう。

動脈硬化を予防できれば早朝高血圧も改善される

突然死の危険性がある早朝高血圧と動脈硬化は、早期発見と改善がなによりも大事です。また、早朝高血圧の危険性を増大させる「動脈硬化」をどのように改善していけば良いのでしょうか。有効な方法を具体的に見ていきましょう。

抗酸化作用のある野菜がもたらす効果

  • ビタミンやポリフェノールなどの抗酸化成分が血管の老化を防ぐ。
  • 血管内に悪玉物質が作られるのを抑える。
  • 体内の活性酸素を除去して、LDLコレステロールの酸化を抑える。
  • 食物繊維が血糖値やLDLコレステロール値の上昇を防ぐ。

食生活を改善して、バランスの良い食事を摂ることで血液がサラサラになり、早朝の血圧上昇を抑えることができます。しかし、仕事が忙しい人はどうしても食生活が乱れてしまいがちです。そこで、おすすめなのが青汁です。青汁には抗酸化作用のある野菜が豊富に含まれているため、食事をする暇がなくてもバランス良くビタミンと食物繊維を摂れます。青汁なら手軽に飲めるので習慣化しやすく、無理なく体質改善が図れます。

青汁を飲んで血圧が下がったという人の声

血圧が正常になっただけでなく視力も回復しました。(40代/会社員)

青汁を妻にすすめられて飲むようになりました。4~5年前から仕事が忙しくて、お昼をきちんと摂ったり運動をしたりすることが難しく、気になっていました。パソコンを使う仕事なので疲れ目も酷かったのです。ところが、青汁を飲むようになってから、体がすっきりして目の奥の疲れも取れていました。野菜を豊富に使った青汁の凄さを凄く実感しました。飲みはじめて良かったです。

毎日朝・夕に1杯ずつ飲むようにしています。(40代/自営業)

元々野菜がそんなに好きな方ではなく、最近は値段も高くなっていたので、煮物や揚げ物をよく食べていました。しかし、年のせいか繁忙期の忙しさに体がついていかなくなり、食事に気を付けなければと思っていたのです。そこで、前から気になっていた青汁を朝・夕に1杯ずつ飲むようになって、疲れが取れやすくなりました。自営業は体が資本なので、血圧や動脈硬化には気を付けていきたいです。

血圧の正常値は、上の血圧が129mmHgで下の血圧は84mmHgまでとされています。血圧が異常に高い場合は病院で治療を受ける必要がありますが、まだそれほど高くないという人は青汁を飲むことで改善されるかもしれません。青汁を飲んで、体の調子を見てみると良いでしょう。

青汁のさらなる効果を知りたいならこちら

高血圧にも効果を発揮してくれる青汁には、他にも様々な健康効果があります。詳しい内容や商品選びを知りたい場合は、下記のおすすめサイトを参考にしてみましょう。

TOPボタン

Copyright©2017 朝血圧が高い人は危険?!早朝型高血圧を正常値に戻す方法 All Rights Reserved.